安倍総理は8日、前法務大臣の河井克行容疑者と妻の案里容疑者が公職選挙法違反の買収の罪できょう起訴されたことについて、「我が党所属だった現職の国会議員が起訴されたことは、誠に残念。かつて法務大臣に任命した者として、その責任を痛感するとともに、国民の皆さまに改めてお詫び申し上げたい。国民の皆さまの厳しい目が注がれていることをしっかり意識し、様々なご批判を真摯に受け止め、今後より一層緊張感を持って政権運営にあたっていく」と述べた。
(ANNニュース)