大物2世アナの誕生か(写真/ロケットパンチ)

写真拡大

 大舞台で奇跡の“父娘共演”が実現するかもしれない。狂言師・野村萬斎の娘、野村彩也子さん(22)が、2020年4月入社のTBSアナウンサーに内定したと報じられた。

 2018年にミス慶應SFCに輝き、読者モデル経験もある彩也子さんは、過去に公文式のCMで父と共演したこともある。

 そんな彼女の内定報道を受けて、いまTBS局内で話題になっていることがあるという。

「野村萬斎が演出の総合統括をする東京五輪・パラリンピックの開会式です。通常通りの開催スケジュールであれば、彩也子さんはまだ研修が明けたばかりで出番はないでしょうが、新型コロナ対策の関係で延期になった場合、現場レポートを彩也子さんが担当することは十分にありうる」(TBS局員)

 五輪延期論が出るなか、図らずも“父娘共演”の可能性が出てきたというのだ。

 野村萬斎といえばTBS製作の映画『のぼうの城』や『七つの会議』に主演しており、もともと関係が深い。

「懸念は、他の局アナとの関係でしょうね。TBSは『news23』の小川彩佳アナ(35)や『あさチャン!』の夏目三久アナ(35)、『Nスタ』のホラン千秋アナ(31)など、帯番組のMCはほとんど人気フリーアナが務めており、局アナからは不満の声が上がっています。

 だからこそ五輪中継に関わりたいと願う局アナは多く、それまで新人の彩也子さんに持っていかれたら、今まで以上にアナウンス室が“荒れる”かもしれません」(テレビ誌記者)

 入社前から、ややこしや、ややこしや。

※週刊ポスト2020年4月3日号