総務省の新ルールによって「本体割引は2万円まで」と定められ、一気に冷え込んだ携帯電話業界。
今月頭にとんでもないキャンペーンが展開中とお伝えしましたが、案の定ものすごい反響があるようです。詳細は以下から。

まずおさらいしておきたいのが、某家電量販店店頭に掲げられているPOP。iPhone XRが「はじめてスマホ購入サポート(−99000円)」などによって機種変更1円で販売されています。

これは停波が決まった3G(FOMA)ケータイから4G(Xi)スマホへの乗り換えを促すためのもの。ライトユーザーなら「ギガライト」契約で非常に安く使えてしまいます。
某家電量販店店員によると、このキャンペーンはものすごい反響を巻き起こしており、iPhone XRの多くのカラーで在庫切れが起きているとのこと。
あくまで顧客の決断を急がせるセールストークで、iPhone XRの大幅割引終了が正式に決定しているわけではないと思われますが、「1月末までに決めた方がいいかもしれません」と気になる案内も行われていました。
なお、他社の3GケータイからのMNPであればiPhone 8が本体1円になるキャンペーンも実施中。

同様のキャンペーンはauでも行われており、iPhone 8が本体1円、月額1078円(1年間)から使えてしまいます。

3Gケータイユーザーを対象に展開される怒濤のiPhone割引合戦。これを機に乗りかえてしまうのも悪くなさそうです。
コメントを見る

【ドコモのiPhone XR「一括1円」大反響、”10万円値引き”の期限に気になる情報も】を全て見る