北極海にあるカナダのデボン島上空を飛行するカナダ沿岸警備隊のヘリコプター(2015年9月27日撮影、資料写真)。(c)Clement Sabourin / AFP

写真拡大

【AFP=時事】カナダ政府は10日、資源の豊かな北極地方における10か年戦略計画を発表した。同国の軍事的存在感を高め、激化する国際競争に対応することなどが狙い。

 北極地域は、カナダ北極海諸島(Arctic Archipelago)を通る北西航路(Northwest Passage)によって欧州やアジアとつなぐ洋上の近道として利用できるだけでなく、豊富な石油資源や森林資源も有する。

 公表された政策文書は、技術の進歩と気候変動より北極地域へのアクセスが容易になったと指摘し、北米や北極圏地域におけるカナダ軍の存在感を高めることを政府の目標として掲げている。

【翻訳編集】AFPBB News