15日放送のフジテレビ系バラエティ「バイキング」に、イタリア人女性コスプレイヤー・ユリコタイガーが出演。そのハイテンションな言動に、出演者の薬丸裕英がイラつく場面があった。

ユリコタイガーは、番組の「Yahoo!検索急上昇バイキング」のコーナーに登場。前日に「コスプレ姿が美しすぎる」とインターネット上で話題になった人物で、年齢は20歳。幼い頃から日本に憧れ、イタリアの数々のコスプレ大会で優勝し、現在は日本語を勉強しながら秋葉原のメイド喫茶で働いているという。

ユリコタイガーがスタジオに登場すると、客席から「かわいい!」と歓声があがった。フットボールアワー岩尾望は「アニメ声やね!」とコメントし、その声の高さに驚いた様子。ユリコタイガーは「小さいころから、5歳くらい?ほんと(日本の)アニメ大好きで。日本に来て、数ヶ月前に」と、たどたどしい日本語で自己紹介した。

フットボールアワー後藤輝基に「これは何の格好?」と聞かれると、「ニャル子さんです!」と甲高い声で答えるユリコタイガー。後藤が「聞くところによると、彼女、魔法が使えるそうなんです」と薬丸に魔法をかけるように振ると、ユリコタイガーは「幸せ〜笑顔〜トッピング〜ズッキュンキュ〜〜ン!」と薬丸に向かって叫びつつ、独特の決めポーズを披露。薬丸は「日本が好きなのはいいけど、ユリコちゃん…もうちょっとキャラ定まってから、もう一回お願いします」と苦々しい顔でコメントしていた。

すると、ユリコタイガーは「じゃあもう一度。大丈夫かな〜」と再度同じパフォーマンスを薬丸に対しチャンレンジ。薬丸は「さっきと変わってないじゃん!」とややイラついた様子でコメントをした。後藤が「この魔法をかけたら、どうなんの?」と確認した際、ユリコタイガーは「ハート・オブ・ハーツに…秋葉原で働いています!」と要領を得ない答えを返していることから、まだまだ日本語には難があるようだ。

そんなユリコタイガーに、薬丸は「こんなに尺使わなくてもいいんじゃないの?」と最後まで厳しい言葉を投げかけた。しかし、放送時にはYahoo!リアルタイムランキングで「ユリコタイガー」が上位となるなど、視聴者の注目はかなり集めたようだ。




【関連記事】
真の“イタリアの宝石“!アイドルを目指すコスプレイヤー ユリコ・タイガーを直撃!!
小林麻耶が「バイキング」でスパルタマナー講師の平林都に罵倒され逆ギレ
坂上忍が「バイキング」で観客の咳を批判する俳優に苦言「寝るのだって咳するのだってお客さんの自由なんだよ」