「ロンドンオリンピックは史上最悪の大会だ」と騒がれている理由

写真拡大

そろそろロンドンオリンピックも終盤です。そんななか、目立つのが開催中に起こったとんでもないミスの数々。一部の海外メディアでは「史上最低の大会」とも評されています。
いったいこれまでどんなミスが起こったのでしょうか? まとめてご紹介します。

失態続きのロンドンオリンピック

カナダの『バンクーバー・サン』誌に「ロンドンは史上最低のオリンピックを開催しようと努力している」と酷評されるほど、ミスが目立つ今大会。これまでどんなミスが起こったか、振り返ってみましょう。


●その1:聖火が消える!

今年5月にオリンピック発祥の地であるギリシャで火が灯されてから、8,000人のランナーによりロンドンまで運ばれてきた聖火。この炎、開催中は絶やしてはいけないとされています。
それが、「観光客の見せ物ではない」というロンドンオリンピック組織委員会の判断で開催からわずか2日で炎が消され、聖火台をスタジアムの外から見えない位置に移動してしまったのです。これは前代未聞の事態!


●その2:入場行進に一般人乱入!

開会式のインド選手団の入場行進で旗手とともに先頭に立っていたのは、なんと一般人の女性! 女性はデニムにパーカーという明らかに普段着のいでたち。さらに、行進中には気が付かず、VTRで確認して判明するというありさまです。厳重なセキュリティーが敷かれているはずではないのでしょうか……。
さらにこの入場行進では、誘導ミスにより日本選手団はなぜか会場から退場させられてしまいました。


●その3:国旗が落下して会場騒然!

テニス女子シングルスでは、アメリカの選手が金メダルを獲得。表彰式で選手たちが昇っていく国旗を見つめます。そのとき、風にあおられアメリカ国旗だけが落下! 会場は「あぁ……」という声に包まれ、騒然としてしまいました。


●その4:判定ミス続出!

柔道男子66kg級の海老沼選手と韓国人選手の試合では、優勢だった海老沼選手が判定で負け。しかし、審判のやり直しで判定は一転、勝利しました。
男子体操では審査基準への抗議の末、日本が4位から2位に浮上。
そして、ボクシングの清水聡選手は6度も相手をダウンさせたにも関わらず判定負けに。これも抗議が通り、判定勝ちとなりました。この審判は大会から追放となったとか。

すがすがしいフィナーレをむかえたい!

人間ですからミスが起こってしまうのは仕方ないことですが、多すぎるのは考えもの。実際、誤審を受けた韓国などではいまでも抗議が続いています。

オリンピックも残すところあとわずか。選手も観客も気持ちよくフィナーレをむかられるよう、これ以上ミスが起こらないことを祈ります!


◆メダル報奨金に格差が!
なでしこ1千万円に対して体操は?メダル報奨金の格差がひどい

Written by かーねこばーん
Photo by apdk