数年前から、海外の有名人が中国でのイベントに出席する折に、中国語を披露するのが定番になっている。

写真拡大

数年前から、海外の有名人が中国でのイベントに出席する折に、中国語を披露するのが定番になっている。彼らが中国語を話しだすと、ファンさえも驚いてしまう。海外有名人の中で、誰の中国語が最強の実力を誇るのか、見てみよう。新華網が伝えた。

【その他の写真】

○韓国の朴槿恵(パク・クネ)大統領
中国文化に精通しており、中国語も堪能で、中国哲学が大好きだという。2013年に清華大学で講演を行った際には、何度も中国の古文や古代の詩歌から引用したことから、中国の人々は親しみを感じたという。

○オーストラリアのケビン・ラッド元首相
中国語専門の出身と言って差し支えないだろう。1976年、国立オーストラリア大学に入学、中国語と中国史を専攻した。2008年に北京大学で講演した際、中国語の標準語を披露し、「中国には、『天も怖くないし地も怖くない(何一つ怖いものはない)が、外国人が中国語を話すことだけが怖い』という言い方がある」と冗談めかして話した。

○日本の女子卓球界の星・福原愛
中国語の最強の実力を備えた外国人といえば、福原愛は絶対に外せないだろう。明るい性格の彼女は中国人にも人気だが、その彼女が語る本格的な東北なまりの中国語を耳にすると、この可愛らしい「瓷娃娃(陶器のお人形さん)」が実は中国の東北出身なのではないかと思わず疑ってしまうほどだ。

○フェイスブック創始者マーク・ザッカーバーグ氏
米国の代表的なSNSフェイスブックの創始者であるマーク・ザッカーバーグ氏も、中国通として有名だ。2012年、彼は中国系米国人のプリシラ・チャンさんと結婚した。本人は清華大学で最初から最後まで中国語で講演したことがあり、聴衆は彼の流暢な中国語に驚いた。

○日本人俳優・司会の矢野浩二
湖南衛星テレビの人気バラエティ番組「天天向上」のメイン司会者を務める日本の芸能人の矢野浩二は、中国で「走向共和」など数多くのドラマにも出演している。撮影や司会を通じて、彼の中国語レベルも格段にアップしている。

○韓国の女性スター・イム・ユナ
韓国の女性スター、イム・ユナの話す中国語の発音はとても標準的で、質問にも上手に答える。取材のときには、東北なまりが出ることもあり、「火鍋と串焼きが大好き」と話す。

○日本人歌手・俳優GACKT
日本の「妖艶な魔王」GACKTは、きわめて個性的なミュージシャンで、仏語、中国語、韓国語、英語の4カ国語を操る。バラエティ番組「堂本兄弟」では、ビビアン・スーと中国語で会話したこともあり、その正確な発音は驚くに値するレベルだった。(提供/人民網日本語版・編集KM)