6日、中国中央テレビは「中国人が日本旅行で行った非文明的行為が明るみに」と伝えた。そうした中、中国のインターネット掲示板に「日本人のふりをするにはどうすればいいか?」との質問が書き込まれた。写真は日本の街。

写真拡大

2014年10月6日、中国中央テレビ(CCTV)は「中国人が日本旅行で行った非文明的行為が明るみに」と伝えた。

【その他の写真】

1日から始まった国慶節(建国記念)の連休に日本の観光地を取材した記者によると、中国人観光客について「洗面台で子どもに用を足させる親がいて驚いた」「赤信号なのに道路に飛び出して写真撮影をしていた」など、非文明的な行為を指摘する声が出たという。このような報道に、中国のネットユーザーはおおむね、自国民の素養の低さを嘆いているのだが、中には「日本人になりすませ」といった意見も見られる。

そうしたことを受けてか、中国のインターネット掲示板に「日本人のふりをするにはどうすればいいか?」との質問が書き込まれ、多数のネットユーザーが独自の日本人観を披露している。以下はコメントの一部。

「1.日本語を話す。2.群衆に従う。3.変な英語を話す」
「正装してしゃべらなければそれで大丈夫」
「何もなくても頭をペコペコ下げればいい」

「365日ワイシャツを着る。平日は白、週末はチェックだ。手帳を持ち、雨の日はビニール傘で外出。男性なら長方形の財布を持ち、おしりのポケットに入れる。麺を食べるときは音を立てて吸うべし」

「ドイツに出張した同僚は、赤信号を無視するたびに『BAKA(バカ)』と言ってた」
「髪を伸ばしてストライプのシャツを着ると、だいたい日本人に間違えられる」
「男なら、衣服は清潔に。ひげは剃らず、髪はぼさぼさに。頭が大きくて背が低ければ、なおよろしい」

「女性なら、細部まで化粧をして、礼儀正しく、顔には笑みを浮かべること。そうすれば外国でいい待遇が受けられる。中国国内や日本ではやらないこと。大笑いされるか、ひっぱたかれるかどちらか」

「ハダカでいればいい。なぜなら、多くの中国人が目にする日本人は、みんな衣服を身に付けていない」(※成人向け動画を指している)

「より礼儀正しく、自制的に行動し、公共の場所では小声で話すこと」
「ひと言話すたびにお辞儀すればいい」
「35度の炎天下でスーツを着てネクタイを締められれば日本人」

一方で、「どうしてわざわざ日本人のふりをするの?堂々と中国人だと名乗れよ」「日本人だと思われてもうれしくないでしょ」といった意見もある。(翻訳・編集/TK)