巨人・中田翔【写真:荒川祐史】

写真拡大

球団グッズの「WALKERドレッドヘアバンド」装着、選手もファンも魅了

 巨人・中田翔内野手の“ドレッドヘアバンド”姿が巨人公式YouTubeなどで公開され、ファンやチームメートの間で話題になっている。打席の鬼気迫る表情から想像もできないギャップに日本ハム時代から弟分の石川慎吾外野手は「大将! ロン毛も似合ってるやん」と言いながら、笑いが抑えられなかった。

 変身の“ネタ”になったのは、巨人がグッズとして販売開始した「WALKERドレッドヘアバンド」だ。ウォーカーのトレードマークになっているピンク色のヘアバンドと、ドレッドヘアのカツラがセットになった変装グッズ。球団公式インスタグラムでは、選手がこれをつけた姿を公開。高梨や大勢らも身につけているが特に中田の衝撃的な変ぼうが話題を集めており、「2枚目の中田翔の(写真の)せいで、そのあとの選手インパクト薄」というコメントも見られた。

 球団が公式YouTubeで公開したこの掛け合いにはファンから「翔さんのバッティングエグいけど、ドレッドもエグいおもろい」「写真と打球のギャップがエグすぎる」とコメントが集まった。中田は夏に入って調子を上げてきた。7月の打率は.373、8月に入ってからは実に.444に達し、本塁打も3本。移籍2年目でついに4番に座るようになった。12日の練習中に見られた石川との掛け合いも和気あいあい。雰囲気の良さに乗せられ、さらに上昇していきそうだ。(Full-Count編集部)