がんばって犬の糞を自分で拾う必要がなくなりそうです。詳細は以下から。

可愛い犬の散歩は楽しいけれど、糞をしたら自分で拾って持ち帰らなければなりません。でもそれがちょっと面倒に感じる人に、最新科学が素敵なガジェットを開発してくれました。
Beetl Roboticsが開発したのは、芝刈り機をベースに作成されたルンバを思わせる自動犬の糞掃除機。

AI搭載で自ら犬の糞を映像で検知し、自動的に糞を拾ってくれます。

ただし犬の散歩用というよりは、自宅の庭でまさにルンバのように使う事を想定している模様です。

日本の愛犬家的には飼い犬を認識し、散歩中に自動で追尾して糞を拾って欲しいところですが、そこに至るまでにはもう少し待つ必要がありそうです。

【「犬の糞専用ルンバ」が開発されてしまう】を全て見る