『ご主人様と呼ばせてください〜私の奴隷になりなさい・第2章〜』 ©KADOKAWA 2018

写真拡大

映画『私の奴隷になりなさい』の続編2作品の製作が発表された。

【もっと画像を見る(3枚)】

サタミシュウによる同名の官能小説を映画化し、2012年に公開された『私の奴隷になりなさい』。壇蜜が主演を務め、単館上映ながら1館で2000万円を超える興行収入を記録した。

続編は『ご主人様と呼ばせてください〜私の奴隷になりなさい・第2章〜』と『おまえ次第〜私の奴隷になりなさい・第3章〜』。原作小説は『私の奴隷になりなさい』『ご主人様と呼ばせてください』『おまえ次第』からなる3部作で、続編ではそれぞれ原作の第2弾、第3弾を映画化する。

『ご主人様と呼ばせてください〜私の奴隷になりなさい・第2章〜』は、人妻・明乃との逢瀬にのめり込む大手デザイン会社勤務の目黒が、不倫を知った明乃の夫・瀬尾に、不倫を公にされたくなかったら明乃との関係を続けて彼女を調教するよう命令されるというあらすじ。瀬尾の指示のもとで明乃への調教を行なう目黒と、「奴隷」としての素養を開花させていく明乃の姿を描く。

主人公の明乃役を演じるのは、大胆な性愛シーンが多く含まれる同作のヒロイン役を熱望し、オーディションで主演に選出された行平あい佳。行平は「ロマンポルノ界の聖子ちゃん」と呼ばれた寺島まゆみの娘で、早稲田大学を卒業後、フリーの助監督として2年間撮影現場で働き、その後、画コンテライターに転身したという経歴の持ち主。現在は女優業と画コンテ作家としての活動を両立させている。メガホンを取るのは城定秀夫。映画の公開は夏を予定している。

行平あい佳は同作の撮影を振り返り「この作品の、性愛の向こう側にある精神世界に惚れています。明乃を通して、映画に触れてくださる方をどこまで、その向こう側に連れていけるのか。あらん限りの力を尽くし、そして考え、撮影に臨みました」とコメントしている。

■行平あい佳のコメント
この作品の、性愛の向こう側にある精神世界に惚れています。明乃を通して、映画に触れてくださる方をどこまで、その向こう側に連れていけるのか。あらん限りの力を尽くし、そして考え、撮影に臨みました。明乃になれたことを、とても嬉しく光栄に思っております。よろしくお願いいたします。

■小林剛プロデューサーのコメント
オーディションで対面したとき、まず最初に知的な色気を感じました。台本を読んで深く共鳴したこと、文学性を感じぜひ演じてみたいと思ったことなどを熱っぽく語るその表情はどことなく危険な匂いもして、ああこれは奴隷となっていく人妻・明乃の役そのものだと思いました。肌が抜けるように白く、そこはかとなく和の雰囲気を持っている部分も、本シリーズ第2弾のヒロインとしてふさわしく感じ、監督、プロデューサー全員で即決という結果になりました。実際の撮影では、大胆なラブシーンを通して日を追うごとにどんどんエロチックになっていき、役と同様に我々の予想を遥かに超え、新たな性愛のミューズ誕生の瞬間を目の当たりにしたと思っています。どこまで伸びていくのかもう誰も予測がつきません。