右がピアニストの松田華音さん(スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ<toto・BIG>』より)

写真拡大

 羽生結弦(22才)の五輪シーズンがついに開幕した。グランプリシリーズの初戦・ロシア大会は2位だったが、大技へ次々と挑戦し、並々ならぬ意気込みを見せた。

「GPファイナルは4連覇中ですが、羽生選手は毎年シリーズ初戦で優勝していないんです。今年は史上初の5連覇も、五輪の金メダルも狙っていますから勝負の年。現段階での仕上がりとしては、かなりいいと思います」(フィギュアスケート関係者)

 そのせいなのか、最近の羽生はかわいいというより厳しい、戦う男の表情をうかがわせる。キスアンドクライでくまのプーさんを片手にはにかむ姿は相変わらずキュンとさせられるが、演技後のインタビューで松岡修造(49才)の質問に、淡々と冷静に答え続ける姿は堂々たるものだ。

 そんな羽生が相好を崩し、“いつものユヅ”と違う表情を見せたものだから、ファンは騒然となった。10月16日にインターネット上のスポーツ応援サイト『GROWING』で公開された羽生と女性ピアニストのスペシャル対談でのこと。

 羽生のSPの曲目ショパンの『バラード第一番』を彼の目の前で弾く黒髪の美女。羽生は体を小さく動かしうっとりと聴き入った様子を見せると、「汗かいちゃいました。あまりにも素晴らしすぎて」と手で顔をあおぐ。

「たぶん条件反射なんですよね、いつも寒いところで聴いているから…」

 照れ笑いを浮かべながらつぶやくと、彼女が嬉しそうに微笑む──。

 この若く美しいピアニストは松田華音さん(21才)。今最も注目される若手の一人で、6才からモスクワに渡り、名のある国際コンクールで優勝。3年前から日本人初のロシア政府特別奨学生としてモスクワ音楽院に通う。

 そんな彼女を前に羽生は前のめりの様子で目をキラキラさせながら質問を浴びせる。

羽生「CDを昨日ずっと聴かせていただいていたんです」
松田「そうなんですか!」
羽生「(松田さんの)演奏を聴いてこういうものを作らなくちゃいけないんだと学ばせていただきました」
松田「羽生選手のスケートからは情熱というか、エネルギーがすごく伝わってきます」 

 会話が進むうちに、天才同士にしか伝わらないような感覚的な話になっていき、完全に2人の世界へ…。

 最後、し〜っかりと握手しておよそ20分間の弾んだ対談は終了したのだが、最後まで見たファンはしばらく呆然とした。

「こんなユヅくん見たことある?」
「彼女を揶揄する言葉も見つからない」
「お似合い…でしたね」

 彼女との出会いが刺激になってさらにいい演技に伝わるというのなら、応援するしかないのかなぁ。

※女性セブン2017年11月9日号