メルカリ・ヤフオクで売れる人、売れない人の決定的な違いとは?

写真拡大

「ヤフオク・メルカリとも簡単に売れるよと言われたのに、なんで私が出品している商品は高く売れないんだろう?」

 同じ商品で同じ状態の商品でも自分は5000円でも売れていないのに、他の人は7000円で売れていることが往々にしてあります。この違いはいったい何なのでしょうか?

 ヤフオクやメルカリで、本当に「売れる」ために、重要な事は何だと思いますか? ポイントは3つあります。

◆購入意欲を掻き立てる「写真」

 まず写真です。ネット販売では、商品を手に取る事が出来ません。そのため、商品の写真が重要になってくるのは言うまでもありません。

 写真を見比べてみてください。どちらの写真から購入したいと思いますでしょうか?

 右ですよね?

 数ある商品の中で、目を留めて貰う事が重要です。特に、1枚目の写真は重要ですのでベストショットを持ってきてください。別に、写真に詳しくなくても大丈夫です。今はスマホの写真の性能がとても良いので、いろんな角度光を当てた時、当てなかった時など何度でも繰り返し撮って行くと良いです。本当にすぐにうまくなります。

 そして、上手くなるコツは真似する事です。

 自分が出品しようと思っている商品を、すでに出品している人が出している写真の中から目を引く写真を真似すれば良いのです。

 写真を撮るときに、小物を使う事もお勧めです。100円ショップで売っているこんなものを使うだけで、ちょっと気の利いた感じの写真になります。

 また、画像を加工するアプリも無料でありますので使用すると写真を連結出来たり、文字を入れたりする事も出来ます。ただ、加工しすぎて、届いた時にあまりにも違う場合はトラブルの原因にもありますので、やりすぎずには注意しましょう。

◆ひと目で分かる「タイトル」

 タイトル・説明文もとても重要です。

 新品であればちゃんと新品と言う言葉を入れるなど、購入者にとってプラスになる事は入れてください。

 購入する方は新品なのか中古なのかわからないです。新品を探している方は新品と検索を入れるので新品と入れてあれば表示されるようになります。

 キーワードも大事です。財布を出品していて、なかなか売れなった人が、「強運」、「開運」と言う言葉を入れたらすぐに売れました。

 スペックなども重要ではあるのですが、「この財布を使っている時に宝くじを購入したら5等の1万円が当たりました!」「この本に書いてある事を実践したら、本当にお金が貯まりました!」なんて言葉や、服であれば「すごく気に入っていたのですがサイズが合わなくなりました」など、自分のエピソードを入れる事で売れ易くなる事があります。

 さらに、「クリーニングに出した」とか、「タバコを吸わない」「ペットを飼っていない」「一度読んだだけ」「袖を通しただけ」など、商品のプラスになる情報は必ず入れたほうが売れ易くなります。

 逆にデメリットもちゃんと書くことも重要です。傷があればどこにどのような傷があるのか? 色褪せやへこみ・歪みはあるのか? しっかり書いてください。

 ちょっとだけの傷だから書かなくて良いかと思い、手を抜くと評価に影響したり、返品希望になったりします。

 評価で悪いが多くついてしまうと、購入する方は、いくら良い商品でお買得であっても躊躇してしまうんです。

 このように、写真も説明文も重要です。しかし、これらは「一番大事」ではありません。では何が「一番大事」なのでしょう?

◆売れるために一番大事なのは?

 写真も説明文も大事です。しかし、これらは「一番大事」ではありません。

 では、何が「一番大事」なことなのでしょうか?