29日、環球網によると、27日に江蘇省の高速道路を走行中のトラックが、突然飛び出してきた子犬を避けようとして横転した事故で、ドライバーの男性は「後悔はしていない」と話している。

写真拡大

2016年1月29日、環球網によると、27日に江蘇省の高速道路を走行中のトラックが、突然飛び出してきた子犬を避けようとして横転した事故で、ドライバーの男性は「後悔はしていない」と話している。

この事故でけが人はいなかったが、トラックは36トンの大豆油を積んでおり、損失額は10万元(約180万円)にのぼるという。しかし、ドライバーは「イヌも一つの命。後悔はしていないよ」と話している。

この報道に、中国のネットユーザーからは、「心優しい運転手さんに“いいね”」「とっさの反応だったのだろうけど素晴らしい判断。でも、損することが事前に分かったとしても、私も犬を避けると思う」「後悔以前に、善良な人だからこそ避けたんだよ」「国が補償してあげて」など、称賛の声があがった。(翻訳・編集/北田)