浮かれ気分でスト参加の″コンドームアナ″夏目三久に局員からブーイング!?

写真拡大

 会社側の提示した新たな賃金制度を不服として、9月30日から36時間ストライキを行った日本テレビ労働組合。1日午後には一階駐車場で集会が開かれ、改めて労使交渉の継続などを要求するシュプレヒコールが響き渡った。

 そんな中でも、ひと際異彩を放っていたのが夏目三久アナ。やる気ゼロの浮かれ気分丸出しの態度に、周囲からは冷ややかな声が上がっていたというのだ。

「次代のスターアナも"コンドーム写真"騒動以降は仕事が激減。最近はオファーすらなく、アナウンス部での存在感はゼロ。何かとスポンサーがうるさい現状では、本格復帰はまだまだというのが一致した見方です。ストも、暇だったので一部の先輩アナらと一緒に借り出されていましたが、終始おしゃべりに夢中でヤル気ゼロ。そもそも労使交渉の内容すら知っていたのか疑問ですよ。自分の給料に直結するとは言え、夏目の実家は資産家として有名。今も西麻布のマンションの家賃を負担してくれているとか。他の局員とは切実度が違います。周囲からの白い目をよそに、集会が終わるまで同じ調子でした」(日本テレビ局員)
 スキャンダルで世間から冷たい目を向けられ、局内でも後ろ指を差され、いまや四面楚歌状態の夏目アナ。いつになったら活躍している姿が見られるのか。


※画像は日本テレビHP内 アナウンスルームより



【関連記事】
事件や災害と感覚は同じ!? 日テレ"非"正社員のストライキへの寛容さ
"コンドーム写真"流出の夏目三久アナが『日テレNEWS24』で地味に復活中
日テレの看板巡り明暗クッキリ! の"コンドーム"夏目三久と鈴江奈々