docomoが新スマホ「Xperia XZ1 Compact SO-02K」を発表!11月中旬発売

NTTドコモは18日、今冬および来春に発売・開始する新製品や新サービスを披露する「2017-2018冬春 新サービス・新商品発表会」を開催し、約4.6インチHD(720×1280ドット)IPS液晶「トリルミナスディスプレイ for mobile」(約323ppi)やオクタコアCPU、4GB内蔵メモリー(RAM)などを搭載したAndroid 8.0(開発コード名:Oreo)採用の最新コンパクトハイスペックスマートフォン(スマホ)「Xperia XZ1 Compact SO-02K」(ソニーモバイルコミュニケーションズ製)を発表しています。

発売時期は2017年11月中旬を予定し、本日10月18日(水)11時15分からドコモショップ店頭や公式Webストア「ドコモオンラインショップ」などにて事前予約が開始されます。価格は本体代金が77,760円で、月々サポートを引いた実質負担額が新規契約・機種変更・他社から乗り換え(MNP)ともに26,568円。

Xperia XZ1 Compact SO-02Kは今年8月に発表されたSonyブランド「Xperia」シリーズにおける最新フラッグシップスマホ「Xperia XZ1」の小型モデルで、日本ではこれまでと同様にNTTドコモからのみ販売されます。昨年は小型モデルがやや性能を落とした「Xperia X Compact SO-02J」でしたが、再度、2015年11月発売の「Xperia Z5 Compact SO-02H」以来、2年ぶりにコンパクトハイスペックモデルが復活しました。

同時に発表されたNTTドコモ向け「Xperia XZ1 SO-01K」と同様に「Motion Eyeカメラ」やSnapdragon 835、4GB内蔵メモリー(RAM)のまさに高性能を備え、従来通り、防水・防塵やおサイフケータイ、ワンセグ、指紋認証などに対応しています。また通信速度は残念ながら4x4 MIMOには対応しないため、下り最大788Mbpsでは利用できませんが、10月末から提供される4波のキャリアアグリゲーション(4CA)には対応し、下り最大644Mbpsおよび上り最大50Mbpsとなっています。


Xperia XZ1 CompactはXperiaシリーズにおける小型な4.6インチモデルの最新機種で、プレミアムスマホ「Xperia XZ Premium」やフラッグシップスマホのXperia XZ1と同様にMotion EyeカメラやQualcomm製ハイエンドチップセット「Snapdragon 835(MSM8998)」(2.45GHz×4コア+1.9GHz×4コアのオクタコアCPU)、4GB RAMなどを搭載したハイスペックモデルです。

外観はXperia Xシリーズで採用しているつぎ目のない「Unified Design」を継承し、持ったときのフィット感をより強くするために側面に丸みを持たせて断面が上下左右対称のループのように見える「Loop Surface」デザインを採用しています。

Xperia XZ1とは異なり、外装は金属ではなく樹脂製ですが、新たにグラスファイバーを混ぜ込んでおり、アンチツイスト性能を高めるフレームを押し出した一体成型の「バスタブ構造」とディスプレイを覆う端が湾曲した2.5Dガラス「Gorilla Glass 5」(Corning製)によって高い耐久性を持っているとのこと。

また見た目も金属のようなプレミアムな質感とダイヤモンドカットエッジとなっており、本体色はWhite SilverおよびBlack、Horizon Blue、Twilight Pinkの4色展開。Xperia Z3シリーズ以降続けられているディスプレイの周りの縁(ベゼル)の色が背面と同じで統一感のある色合いに。サイズは約129×65×9.3mm、質量は約140g。


右側面に音量上下キーおよび指紋センサーを兼ねた電源/スリープキー、カメラ/シャッターキー、左側面にmicroSDカードおよびnanoSIMカードスロット、上側面に3.5mmイヤホンマイク端子、下側面にUSB Type-C端子(USB 3.1 Gen 1)が配置。またFeliCaやNFCの読み取りは背面中央にあり、その下にdocomoロゴ、下部にXperiaロゴと型番のSO-02Kが記載。

電池は2700mAhバッテリー(取外不可)で、Smart Stamina 3.0やQnovo Adaptive ChargingやBattery Care、スタミナモード、急速充電「Quick Charge 3.0」、USB給電に対応。連続待受時間はLTEで約430時間、W-CDMAで約460時間、GSMで約350時間。防水はIPX5およびIPX8準拠、防塵はIP6X準拠。

機種XZ1 CompactX Compact Z5 CompactZ3 Compact
型番SO-02KSO-02JSO-02HSO-02G
発売時期2017年11月2016年11月2015年11月2014年11月
画面4.6型HD4.6型HD4.6型HD4.6型HD
大きさ mm129×65×9.3129×65×9.5127×65×8.9127×65×8.5
重さ g140135138129
電池容量 mAh2700270027002600
SoCS835S650S810S801
RAM4GB3GB2GB2GB
ストレージ32GB32GB32GB16GB
USBType-CType-Cmicro-Bmicro-B
指紋認証
本体色White Silver
Black
Horizon Blue
Twilight Pink
Mist Blue
White
Universe Black
Soft Pink
White
Graphite Black
Coral
Yellow
White
Green
Orange
Black

音響面はS-Forceフロントサラウンドに対応した大音量ステレオスピーカーを小型モデルとしてはじめて搭載し、ステレオ録音やデジタルノイズキャンセリング、Clear Audio+、ハイレゾ音源、LDAC・aptX・aptX HD対応などに対応。

背面のリアカメラはMotion Eyeカメラシステムに対応した1/2.3型(1画素1.22μm)の有効画素数約1900万画素メモリー積層型CMOSイメージセンサー「Exmor RS for mobile」とF2.0で35mm換算で25mm相当のGレンズを搭載し、チップセットがSnapdragon 835なので、Xperia XZ PremiumやXperia XZ1と同様にカメラの起動から撮影までは0.5秒に。

最大960fpsスーパースローモーション機能に対応し、新規開発された「Predictive Capture(先読み撮影)」機能では被写体の動きを検出すると、自動的に最大4フレーム分の画像をバッファリングし、シャッターが押される直前の画像も記録することが可能となっています。マニュアルモードも強化され、新たにISO調整機能が追加されたほか、4Kムービー撮影がXperia XZsなどでは別アプリとなっていたが、カメラアプリのビデオ撮影に統合されました。

またフロントカメラはXperia XZ1などと異なり、Xperia XZ1などとは異なっており、120°の35mm換算で広角の18mm相当のF2.4レンズを採用した1/4型約800万画素裏面照射型CMOSセンサー「Exmor R for mobie」(1画素1.12μm)を搭載し、超広角120°で友だちなどと一緒にセルフィー(いわゆる「Wefie」)が撮れ、通常の画角80°(35mm換算で28mm相当)に切り替えて撮影も可能。

さらに新機能「3Dクリエーター」を搭載し、カメラで被写体を撮影するだけで立体的な3Dオブジェクトとして生成可能で、作った3DデータはOBJ形式で保存されるため、パソコン(PC)などで3Dモデリング・レンダリングなどのアプリにも取り込んで使えます。

OBJ形式なので3Dプリンターで出力するといったことも可能で、Xperia XZ1 Compactでもいろいろと活用でき、CGと合成してアバターとして表示したり、メッセンジャーアプリなどでスタンプとして使ったり、ライブ壁紙に設定できたり、NTTドコモではさらに「マチキャラ」に設定できたりといったことができるということです。

その他の仕様は32GB内蔵ストレージ(UFS)やmicroSDXCカードスロット(最大256GBまで)、2.4および5.xGHzデュアルバンド対応でIEEE802.11a/b/g/n/ac準拠の無線LAN(Wi-Fi)、Bluetooth 5.0、NFC Type A/B、位置情報取得(A-GPS・GLONASS)、Google Cast、DLNA、Miracast、PS4リモートプレイ、緊急速報メール、ハイレゾ音源、シンプルメニュー、エリアメール、非常用節電機能、nanoSIMカード(4FF)、VoLTE/VoLTE(HD+)など。

公式アクセサリー「docomo select」からカバーを閉じたまま操作ができるソニー純正ケースの「Xperia XZ1 Compact Style Cover Touch」や保護ガラスといった定番アイテムに加えて、Xperia XZ1と調和のとれたカラーのワイヤレスステレオヘッドセット「h.ear on 2 Mini Wireless(型番:WH-H800)」や左右独立型のワイヤレスノイズキャンセリングステレオヘッドセット「WF-1000X」が順次発売します。

なお、ソニーモバイルTVアンテナケーブル02は付属していますが、USB Type-C端子になっているので、USBケーブルまたは変換アダプターが別途必要なのでご注意ください。





上記の実機写真は開発中のもの




記事執筆:memn0ck


■関連リンク
・エスマックス(S-MAX)
・エスマックス(S-MAX) smaxjp on Twitter
・S-MAX - Facebookページ
・報道発表資料 : 2017-2018年冬春 新商品を開発・発売 | お知らせ | NTTドコモ
・進化したカメラ機能やHDR対応ディスプレイを搭載したスマートフォン 『Xperia XZ1』と『Xperia XZ1 Compact』をNTTドコモより発売 | ソニーモバイルコミュニケーションズ
・Xperia XZ1 Compact SO-02K | 製品 | NTTドコモ
・Xperia(エクスペリア) XZ1 Compact ドコモ SO-02K | ソニーモバイル公式サイト