2番手のハイラックスREVOはトップとの差が開く

 雨予報から一転、晴れ間が広がる朝を迎えた8月17日(木)、アジアクロスカントリーラリー(以下、AXCR)は、4日目。Leg4のSSは、タイ中央部のナコーンサワンからピチット、ペッチャンブーンの3つの州をまたぐ、AXCR2017最長のスペシャルステージ。前半セクションは、道幅の狭い田園のなかやいくつかの村を抜けて、95.60卆茲PCストップを目指す。

 PCストップでは、次のスタートまでの限られた時間内に限りサービスエリアでの整備が可能だが、修復作業の必要がないマシンは、PCスタートの時間まで待機し、改めて再スタートする。

 後半セクションは、サトウキビ畑を駆け抜ける滑らかな高速ステージ。SSスタートから150劵櫂ぅ鵐箸離錺鵐團ンを通過し、北へ進む。途中、田園地帯を駆け抜け、最後の70劼和燭の幹線道路を何度も交差(通過)するコース設定であった。

 Leg3のSSでAUTO(4輪)のトップタイムをマークしたToyota Cross Country Team Thailandの新堀忠光選手(トヨタ・ハイラックスREVO/102号車)が、真っ先にコースイン。このラリーで難しいのは、連日のリポートでもお伝えしているとおり、とにかくコースが難解なこと。加えて、先頭を走る際、MOTO(2輪)が先にスタートしているとはいえ、轍のない状態で走行することになり、ハンディキャップを抱えながらの走行となるデメリットがある。

 そこで新堀選手は、Leg1〜3までの総合順位でトップに立つNutthaphon ANGRITTHANON選手(いすず・D-MAX)とのタイム差を縮めることよりも、SSの序盤は6割程度のペースで走行し、途中、2・3番スタートのマシンに抜かれるも、ハイスピードなコース設定の後半まで我慢の走行を敢えて行った。その結果、Leg4のSSでは2番手タイムをキープするもトップのNutthaphon ANGRITTHANON選手とのタイムギャップが前日の3分31秒から7分59秒へと広げられてしまった。

 しかし、AXCRでは走行中に奇想天外な出来事が起こるのも特徴で、SSのタイムアタック中に地元の一般車両がコース内を逆走してくるなどがよくある。とにかく安全に走りきること、ミスコースをしないことがカギとなる。

 続くLeg5のSSも239.83劼離蹈鵐哀好董璽犬箸覆襦ひとつのミスコースや判断ミスによるマシンへのダメージが戦況を厳しくしてしまうだけに、慎重かつ丁寧なラリーが求められるが、その差は僅か。残るLegは2つだけに新堀選手をはじめ、その他日本人選手たちの走りに期待したい。


Leg4終了時点総合結果(日本人選手のみ抜粋)

 順位 ドライバー/コ・ドライバー/タイム ギャップ
2位  Tadamitsu NIIHORI/Chupong CHAIWAN/7分59秒
4位  Takuma AOKI/Ittipon SIMARAKS・Katsuhiko SHIINE/1時間15分31秒
10位 Kenjiro SHINOZUKA/Eiiji CHIBA/3時間8分24秒
11位 Tomonori NOTO/Kazuhiro TANAKA/3時間14分04秒
18位 Norihiro YAMAMOTO/Takashi TSUJIMOTO・Kazuhisa NISHIKAWA/7時間32分20秒
19位 Koichiro HAMAGUCHI/Keigo SUDO/8時間4分50秒
21位 Satoshi TAKENO/Naoyuki YANAGAWA/14時間33分21秒
22位 Ryu SEYA/Masayuki FUKANO・Ayumi KAWAMURA/18時間4分02秒

 【詳しくはこちら】

 アジアクロスカントリーラリー2017公式サイト(http://www.r1japan.net/axcr/