30日、韓国の朴槿恵前大統領に対する逮捕状の発付の可否を決定する審査が行われる中、朴氏が自らの支持者に向け「最後」になるかもしれないメッセージを残していたことが分かった。写真は朴槿恵氏の取り調べについて報じる韓国のテレビ。

写真拡大

2017年3月30日、韓国の朴槿恵(パク・クネ)前大統領に対し検察が請求した逮捕状の発付の可否を決定する審査がソウル中央地裁で始まった。朴氏も出席し行われているこの歴史的な審査に韓国のみならず世界から注目が集まる中、審査からそのまま拘束となる可能性もある朴氏が、自らの支持者に向け「最後」になるかもしれないメッセージを残していたことが分かった。韓国・マネートゥデイが伝えた。

朴氏宅の関係者や朴氏の支持団体などによると、検察が逮捕状請求を行った27日の夜、朴氏のファンクラブ「槿恵ドンサン」のキム・ジュボク会長宛てに朴氏の側近から電話があり、先に贈った手紙とプレゼントに対するお礼の言葉と、「これからも熱心に活動されることを願います」との朴氏からのメッセージを伝えてきたという。また、2012年の大統領選挙で朴氏が遊説中に交通事故に遭った支持団体関係者に対しても、「最近の体の具合はどうですか」と気遣う言葉が伝えられたという。

30日の令状審査について朴氏の側近の一人は「朴前大統領は素直に発言しようとしているが、弁護人団などから止められている状況だ。検察の取り調べを受ける中で、一言一言がねじ曲げられ(決定に)悪い影響を及ぼしかねないためだ」と話した。

朴氏が地裁に向かうため自宅を出た30日午前、朴氏宅前に集結した支持者らは「かわいそうだ」「絶対に行かせない」などと声を上げなんとか朴氏を守り引き止めようとしたというが、朴氏が残したメッセージに韓国ネットユーザーの反応は冷ややかだ。記事には1万を超えるコメントが寄せられており、その多くを「まだ正気になれてないんだな」「まるで王朝時代の女王様を見ているよう。こんな人が現代の大統領だった事実が恥ずかしい」「情けなくて言葉もないよ。国の心配はこれぽっちもしないくせに、自分の取り巻きだけは心配。どうしたらここまで自分勝手になれるんだ?」と厳しい批判の声が占めている。

また、「熱心に何をやれって?暴力デモとかそういうこと?」「これじゃ騒動をあおってるだけじゃないか」「支持者の皆さん、あと何人かけがをして命をささげてください、と言ってるように聞こえる。恐るべきメンタル」と、メッセージの意味を読み取ろうとするものも。

さらに、「こんな悪魔にだまされて投票した自分はどうかしてたよ」と反省するコメントも多くの共感を得ていた。(翻訳・編集/吉金)