猫の里親になった安易な理由に怒り「部屋に黒猫がいるとカッコイイと思った」

写真拡大

2月26日、あるTwitterユーザーによる猫ブームにまつわる投稿が、反響を呼んでいる。

このユーザーは、昨今の猫ブームについて「室内で飼いやすそう」との印象が持たれていることをあげ、実際のところ、猫が高級な食器や衣服を破損する可能性があることや、ブランド品を糞尿で汚す可能性があると、飼育の実態を明かした。

その上で、猫に対して「『この腐敗した世界に堕とされた天使様だから人間のルールは通用しないんだな』くらい思える自信はあらかじめ養っておいてほしい」と、飼い主側にも覚悟が必要であることを訴えている。
このツイートは、2日13時の時点で、1万5000件以上のリツイートと、6800件以上の「いいね」を集めている。

続けてユーザーは、こうした心構えのなかった猫の里親のエピソードを明かしている。以前、ユーザーの友人が子猫を保護し、見つかった里親に譲ったという。

ところが里親は後日「猫のせいでソファがボロボロ!部屋も服も汚れた」とクレームを申し立ててきたそうだ。その友人はその物言いに憤りを感じたようで、ソファの弁償代を叩きつけ、子猫を取り戻したとのことだ。

ちなみに、ユーザーによればその里親が猫を欲した理由は、「部屋に黒猫がいるとカッコイイと思った」だったとのこと。この理由にユーザーは「来世は茄子のヘタとかになって静かに過ごしてほしい」と怒りをにじませ、一連の投稿を締めくくっている。
こちらのツイートも、2日13時の時点で、1万5000件以上のリツイートと、6500件以上の「いいね」を集めるなど、ネット上で話題となっている。

【関連記事】
「正しい目薬の差し方」が話題 漫画家・蛇蔵氏がわかりやすい絵入りで紹介
セブン-イレブン津田沼店の日本酒の品揃え 「狂気を感じる」とTwitterで話題
予約客来ず…パスタ屋が料理を無償提供し話題に「タッパー持って引き取りに来て」