大阪市が最低ランクの人事評価を受けた職員を処分 一体何をしたのか

ざっくり言うと

  • 大阪市は9月30日、2年連続で最低ランクの評価を受けた職員3人を処分した
  • ミスを繰り返す、作業能率が低い、時間を守らないなどの理由からだという
  • 3人のうち男性職員2人は解雇にあたる分限免職に、女性職員1人は降任とした

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング