9月18日に入籍した仲間由紀恵(34才)6と田中哲司(48才)。7年にわたる交際の末、プロポーズに至ったのは、今からちょうど1年前のことだった。

「記念日だったか…定かではないです。もごもご言っていました。内容は覚えていません。(指輪は)ぼくがひとりで買いました。(仲間は)すごくうれしそうにしてました」

 18日に開かれた会見で田中はそう振り返ったのみだったが、実はこの続きがあった。

「プロポーズの後、仲間さんは田中さんと暮らすための新居をキャッシュで購入しているんですよ。内装にもかなりこだわったそうで、5億円ぐらいになったと聞きました」(仲間の知人)

 昼間の陽気が嘘のような夜風が冷たい、とある春の日のこと──。田中哲司は、東京・渋谷にある「のんべえ横丁」の居酒屋に、俳優の鈴木浩介(39才)と並んで座っていた。酒の入ったグラスを傾けながら、演技について熱く語り合ったが、深夜0時前には店を後に。田中がタクシーに乗って向かった先は、そこから20分ほどのところにあるコンビニだった。ビールやチューハイを購入し歩くこと数分、彼が帰って行ったのは新築の超高級マンション。

 このマンションがその新居だ。広さは約200平方メートルで、ゆったりとしたウッドデッキのベランダでは、田中が趣味のガーデニングを楽しんでいるという。

※女性セブン2014年10月9日号