新幹線殺傷事件の動機は「刑務所に入るのが夢」

写真拡大

 「刑務所に入るのが子どものころからの夢だった」と話しました。

 小島一朗被告(23)は去年6月、走行中の東海道新幹線の車内でなたなどで女性2人を切り付け、止めに入った男性会社員(38)を殺害したなどの罪に問われています。3日の裁判で、小島被告は弁護人に動機を問われると「刑務所に入るのが子どものころからの夢だった」「ホームレスをしていた去年3月に無差別殺人を計画した」と話しました。また、新幹線を犯行現場に選んだ理由について、「パッとひらめいて他に手段を考えなかった」と話しました。