ノーベル化学賞受賞が決まった米テキサス大のジョン・グッドイナフ教授=9日、ロンドン(AFP時事)

写真拡大 (全4枚)

 【ニューヨーク時事】旭化成の吉野彰名誉フェロー(71)とともに、今年のノーベル化学賞受賞が決まった米テキサス大のジョン・グッドイナフ教授(97)は9日、大学を通じて「97歳まで生きれば何でもできる」とコメントした。

 「ノーベル賞受賞決定は光栄で恐れ多い」とも語り、友人に謝意も示した。

 化学賞受賞が決まったニューヨーク州立大のスタンリー・ウィッティンガム卓越教授(77)も大学を通じて声明を出し、受賞決定に「30年以上にわたり私がかかわってきた研究は、基礎的なレベルでエネルギーを蓄積、使用する方法の前進に寄与してきた。(受賞決定による)評価が、国の将来のエネルギーに必要な光を照らす役に立つことを期待している」と述べた。