3STEPで夏の簡単常備菜「パプリカのおかか和え」#うまそなレシピ見つけたよ

写真拡大

3STEPで手軽に作れる常備菜をシリーズでご紹介します。

第1回はおつまみにも最適な一品。

ポイントはパプリカを真っ黒に焼くこと。そうすることで甘みが増し、加熱してもパプリカに多く含まれる栄養素ビタミンCが失われないという特徴があります。

また、さまざまな色がありますが、栄養価は「赤、オレンジ、黄」の順に高いそうです。今回は黄色いパプリカで作りましたが、お好きな色で作ってみて下さいね!

『パプリカのおかか和え』



【材料】2人分


・パプリカ(1個)
・かつお節(1パック)
・しょうゆ(小さじ2)
・ごま油(小さじ1)

【作り方】


1. パプリカを縦半分に切り種を取り、両面焼きグリルで強火20分加熱する
※途中で1回パプリカの向きを変えるとムラなく焼き上がります!

2. 熱いうちに黒くなった皮をむく
※冷めると皮がむきにくくなるので注意!

3. (2)を細切りにしてボウルに入れ、ごま油、しょうゆ、かつお節を加えて和える

栄養価の参照元:赤・黄・オレンジパプリカの栄養価の違い[美肌×レシピ]