米アマゾン・ドットコムのジェフ・ベゾス最高経営責任者(CEO)。米ウエストハリウッドで行われたイベントで(2016年9月17日撮影)。(c)AFP=時事/AFPBB News

写真拡大

【AFP=時事】米経済誌フォーブス(Forbes)がまとめるリアルタイム版世界長者番付で27日、インターネット通販最大手、米アマゾン・ドットコム(Amazon.com)の創業者で最高経営責任者(CEO)のジェフ・ベゾス(Jeff Bezos)氏(53)が、マイクロソフト(Microsoft)創業者のビル・ゲイツ(Bill Gates)氏を抜いて首位に立った。

 同誌によると、ベゾス氏の純資産額はアマゾン株の上昇により905億ドル(約10兆1000億円)に達し、ゲイツ氏の900億ドル(約10兆円)を上回った。

 アマゾン株は過去4か月で24%上昇。27日の株式市場では前日終値比で1.7%高の1070.72ドルをつけ、ベゾス氏の資産額を約170億ドル(約1兆9000億円)押し上げた。

 ゲイツ氏はフォーブス誌が毎年発表する世界長者番付で、ここ4年間にわたり首位を保持。過去22年間で計18回トップに立っている。ゲイツ氏が首位の座を譲ったのは2010〜13年で、その間はメキシコの通信王カルロス・スリム(Carlos Slim)氏が首位だった。
【翻訳編集】AFPBB News