元同僚「すごく良い子」凶行なぜ?5人殺傷

写真拡大

 兵庫県神戸市で5人が殺傷された事件で、警察は17日中に、死亡した高齢夫婦の孫を殺人容疑で再逮捕する方針であることが分かった。

 16日、神戸市北区有野町の民家で、南部達夫さん(83)と妻の観雪さん(83)、近くに住む辻やゑ子さん(79)の3人が刃物で刺され死亡しているのが見つかった。さらに、南部さん夫妻の娘の竹島知子さん(52)と近所に住む前北操さん(65)も襲われ、骨折などの重傷を負った。

 警察は、現場近くの神社で血のついた包丁と金属バットを持っていた、南部さん夫妻の孫の竹島叶実容疑者(26)を銃刀法違反の疑いで現行犯逮捕した。捜査本部は17日中に容疑を殺人に切り替え再逮捕する方針。

 取材を進めると、竹島容疑者が近隣との関わりが少ない一方で、元同僚からは「すごく良い子で、もくもくと働いていた」という話も聞かれた。にもかかわらず凶行に及んだ背景には何があったのか。竹島容疑者は殺害についての供述も始めているとのことで、捜査本部は殺人の疑いで再逮捕し動機の解明を急ぐ。