米軍の空中指揮機E4Bが竜巻で損傷 核爆発にも耐えられるよう強化

ざっくり言うと

  • 米空軍は23日、空中指揮機E4B2機が竜巻で損傷したと発表した
  • 保有している4機のうち2機が16日、竜巻によってネブラスカ州の基地で損傷
  • 同機は核爆発の電磁パルスや熱に耐えられるよう特別に強化されていた

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング