カップラーメンにプリンを入れると激ウマ! 台湾人が「最高のプリンラーメンのレシピ」を伝授

写真拡大

どんなにセレブでお金持ちな人でも、カップラーメンだけはムショーに食べたくなるといいます。アニメ「ドラゴンボール超」でも、地球でもっとも美味しい料理としてカップラーメンが登場し、宇宙人が美味しさに衝撃を受けるというシーンもあるほどです。

プリンを入れて食べる



そんな人気のカップラーメンですが、少し前に「プリンを入れて食べると美味しい」というブームがあったのをご存知でしょうか?

カップラーメンに熱湯を注ぎ、3分待ち、完成したらプリンを入れて食べるというものです。

カップラーメン選びが重要





ちょっと信じられないレシピですが、実際にやってみると、驚くほど美味しいことがわかります。

実際に試してみて「よくも騙したアアアア!! 騙してくれたなアアアアア!!」と思った人は、カップラーメンの選択を間違っているのではないでしょうか? カップラーメン選びがとても重要なのです。

最高のプリンラーメンのレシピとは!?





そこで今回、カップラーメンプリン発祥の地として知られている台湾で、「最高のプリンラーメンのレシピ」を伝授してもらいました! 教えてくれたのは、毎日のようにカップラーメンプリンを食べているという台湾人のニート、家豪(ジャハオ)さん。彼は以下のように語ります。

家豪さんのコメント



「いつも母親にカップラーメンとプリンを買いに行かせているのですが、しっかりカップラーメンとプリンの名称を伝えています。カップラーメンプリンは、特定の種類じゃないと美味しくならないからです。売り切れの時は、違うコンビニに行かせて、買ってくるまで戻ってきちゃダメだと言ってあります」

「排骨鶏湯麺」がベスト





カップラーメンプリンマニアの家豪さんは、台湾のセブンイレブンやファミリーマートなどで販売されているカップラーメン「排骨鶏湯麺」が、いちばんプリンに合うカップラーメンと話していました。「排骨鶏湯麺」は非常にポピュラーなカップラーメンで、あっさりとした風味が特徴。

弾力とトロトロの両方が楽しめる





プリンは「統一布丁」がベストとのこと。これも台湾のコンビニエンスストアで販売されているものです。このプリンは弾力がありながら、カップヌードルの熱でトロトロになやすいのだそうです。よって、弾力とトロトロの両方が楽しめる仕組みです。

ここまで美味しいとは驚き





あまりにも気になったので、実際に台湾に行き、「排骨鶏湯麺」と「統一布丁」でカップラーメンプリンを作ってみたのですが……。これがウマアアアアアアアアアアイ! 正直、ここまで美味しいとは驚きである。

本格的な豚骨ラーメンのような味





台湾のカップラーメンを大きく分けると、「非常にアッサリ」か「非常に辛い」の2択になります。「排骨鶏湯麺」はアッサリ系なのですが、そこにプリンが入ることにより、塩分と糖分が反応を起こし、まるで本格的な豚骨ラーメンのような味に仕上がるのです!

アリな料理といえる





プリンの甘さと濃厚さが、カップラーメンを高級感あるテイストに引き上げています。カップラーメンとプリンという組み合わせはゲテモノのように感じますが、食材や調味料という視点から考えれば、アリな料理といえるでしょう。塩分と糖分が生み出すコクとまろやかさ。たまりません!

味の変化が楽しめる



より美味しく食べるためのコツをひとつ。最初はかき混ぜずに素の味を堪能します。次に、プリンを少し砕いて麺と絡ませて食べます。そして次にプリンを完全にスープと混ぜて食べます。そうすることで、味の変化が楽しめるんです。

日本でやるならどうする?



ちなみに、日本でカップラーメンプリンを食べたい人は、醤油ラーメン系と「プッチンプリン」をオススメします。豚骨ラーメンにプリンを入れるとしつこい味になり、味噌ラーメンに入れると甘くなりすぎるためです。どうぞ皆さんもお試しあれ!

■執筆・監修:Mr. Fox

執筆、撮影、編集家。日本生まれ、生年不詳、トレードマークはキツネの顔。世界各国を回りながら、メディアに関わる仕事をしてます。人のアイデアを転がします! コンコン。https://twitter.com/im_mr_fox/