動画サイト『YouTube』にオリジナル動画を投稿し、広告収入を稼ぐ「YouTuber(ユーチューバー)」たち。彼らの中には、年収が数千万円、数億円に達する者もいる。そんな成功者たちを見て「我も」と思ったのだろうか。このところ、YouTubeに“進出”するお笑い芸人が増えている。誰もが知っているあの一発屋芸人から、テレビ出演歴のほとんどない芸人まで。彼らはなぜ、YouTubeに殴り込みをかけてきたのか。

 お笑い評論家のラリー遠田さんは「ネタ番組の減少」が要因の一つだと分析する。

「今は若手芸人がテレビに出られるネタ番組がとても少なくなってしまいました。芸人たちはYouTubeを突破口に、少しでも多くの人に自分を見てもらおうと試行錯誤しているんだと思います。吉本興業のように、事務所が芸人をバックアップしているケースもあります」

 吉本興業はYouTube上にお笑い専門チャンネルを設置している。そこで活躍しているのは、はいじぃ、鈴川絢子、エッグ矢沢、らんまるぽむぽむタイプαなど、テレビではほとんど見かけることのない芸人たちだ。

 ユーチューバーの人気を計る目安となるのが、チャンネル登録者の数。よしもと芸人の中でトップクラスのはいじぃ、鈴川絢子には約10万人の登録者がいる。吉本興業以外では、日本エレキテル連合が14万人を超える登録者を抱えている。数十万人、数百万人の登録者を抱える人気ユーチューバーに比べれば物足りないかもしれないが、健闘と呼べる数字だ。

 しかし集客に成功している芸人はごく一部。ほとんどの芸人は注目もされずに終わっている。プロのエンターテイナーであるお笑い芸人が、もともと「素人」であるはずのユーチューバーたちに勝てないのはなぜか。

 ラリーさんは、プロの芸人でもYouTube向けの研究が必要なのだという。

「YouTubeでは、出演者がカメラに向かって直接話しかけるスタイルが主流です。まるで目の前で友達がしゃべっているように見えるので、視聴者はつながりを体験することができます。一方、テレビのバラエティー番組を観ている視聴者は、あくまで窓からスタジオを覗き見している状態です。見せ方一つとってもこのような違いがありますし、YouTubeでどういったネタがウケるのか分析することも重要です。キチンとした、ターゲティングとマーケティング。毎日更新し続けることも、固定客を付けるためには必要不可欠です」

 さらに、YouTubeには無数のライバルがいる。テレビなら地上波で8チャンネル前後。YouTubeには数え切れないほどのチャンネルがあり、その中で勝ち抜かなくてはならない。「ある意味テレビよりもハード」(ラリー遠田さん)な戦場だ。

 どうやら「素人にできるなら自分にもできそう」という甘い考えでは、いくらお笑い芸人でもうまくはいかないらしい。それは一度名前の売れた芸人も同じで、なぞかけ芸でブレイクしたねづっちのチャンネル登録者は1000人を超える程度。有名人斬りの波田陽区に至っては380人程度しかいない。波田陽区は「こんなところにフェニックス」シリーズなる動画を連続投稿しているが、YouTubeの研究が足りなかったのか、今や自分が「つまらない」と斬られる側に。一時は精力的に投稿を続けていたが、気持ちが切れてしまったのだろうか、この3か月ほど新しい投稿が見られない。

 では本格的に取り組めば芸人たちの逆襲もあるのかというと、そう単純なことでもないらしい。

「若手芸人たちは、やっぱりテレビに出たいんです。『この人みたいになりたい』というあこがれの先輩芸人は、テレビで活躍している。でもYouTubeにはまだ成功パターンがないから、目標を立てづらいという側面があります。収入の問題もあるでしょう。テレビに出れば一定のギャラがもらえますが、YouTubeは手間暇かけてもお金になるかどうかわからない。『こんなことに時間をかけていいのか』という思いがつきまとう中では、なかなか本気になれないのだと思います」(ラリー遠田さん)

 お笑い芸人の中から、チャンネル登録者100万人を超える成功者が出てくれば、事情も変わってくるかもしれない。それまでは多くの芸人が試行錯誤を繰り返すことだろう。そんな中で、「成功しやすい芸人」はどんな芸人か。

「いわゆる一発屋芸人と呼ばれる人たちはすでに知名度がある上、みんなが見下すことのできる存在で親近感が湧きやすい。たとえばヒロシさんなんかは、すでに公式チャンネルを持っていますが、本気で取り組めば固定客がもっと増えると思います。それからネットで話題になりやすい炎上芸人。普段とは別の一面を見せれば、”意外にイイやつだ”と見直す人も出てきます。ウーマンラッシュアワーの村本大輔さん、ドランクドラゴンの鈴木拓さん。キングコングはすでに公式チャンネルがありますが、西野亮廣さん単独のチャンネルがあったらまた別の客層が観に来るでしょうね。若手でこういったタイプの芸人がYouTubeから出てきたら面白いと思います」(ラリー遠田さん)

 今最も注目されている芸人、ピースの又吉直樹はどうだろうか。

「確実に固定客が付くので、成功する確率は高いと思います。時間的にできるかどうかは別として、毎日一冊ずつ本の紹介をするなどすれば、たくさんの人が観に来ます。このように専門知識がある人は強いですね。まだ売れていない芸人でも、ニーズのあることをやればチャンスはあると思います」(ラリー遠田さん)

 成功する確率が低いとはいえ、そこに道があることは確か。YouTubeが若手芸人の登竜門になる日がいつかやってくるかも?