月のクレーターをはっきりとらえた「手持ちデジカメ」(動画あり)

写真拡大

「ニコンクールピクスP900」で撮影した月の動画が話題になっている。光学83倍という驚異的なズームで、クレーターまではっきり見えるものだ。

天文に興味があっても、近くに観測所がなかったり、高性能の機器が手に入らないという人もいるだろう。でも、もう心配はいらない。中級カメラでもそれなりに天体を研究することができるのだ。

「月のクレーターをはっきりとらえた「手持ちデジカメ」(動画あり)」の写真・リンク付きの記事はこちら

「YouTube」投稿者の「Naturbeobachtungen von Lothar Lenz」(ドイツ語で「ロタール・レンツの自然観察」の意味)は、小売価格75,000円前後の「ニコンクールピクスP900」を使って、月をズーム撮影した。その拡大率は素晴らしく、クレーターがはっきり見えるほどだ。

これまで人工衛星でしか撮影できなかったような映像の撮影に成功した、レンツによる89秒間の動画クリップは、もともと3月末に撮影されたものである。しかしRedditユーザーの「moumouren」が最近投稿してから、口コミで広がり話題となった。

この映像は昼間に撮影されており、月が空の低い位置にあることで、より印象深いものになっている。注意して見ると、レンツが撮影している間にも月が実際に空を動いているのがわかる。

クールピクスP900には、光学83倍(2,000mm相当)という超望遠ズームレンズが標準装備されているため、地球に最も近い天体である月にこれほど「近づく」ことができる。月が地球から約384,400km離れていることを考えると、P900のような手持ちカメラにしては偉業といえるだろう。

これ以外のレンツの自然の映像作品も、一見の価値がある。これらの作品では、ズームカメラが地上に向けられ、われわれの回りにいる動物や昆虫たちの隠れた世界をのぞき見ることができる。

(関連記事)iPhone利用、独創的な「ゴリラ用カメラ」

TAG

CameraMoonNikonVideoWIRED UK