<日本・南アフリカ>試合後、(左から)涙を流す稲垣、姫野、流、ファンデルバルト(撮影・久冨木 修) 

写真拡大

 ◇ラグビーW杯準々決勝  日本3―26南アフリカ (2019年10月20日 味スタ)

 ラグビーW杯日本大会は20日、準々決勝が行われ、世界ランキング6位の日本代表が同4位の南アフリカ代表と対戦。前半を終えて2点ビハインドと善戦したが、後半に21失点を喫して3―26で敗れ、史上初の4強進出はならなかった。

 スタメンの稲垣はフィジカルを武器にする南アフリカとの肉弾戦に挑み続けた。だが、後半に突き放されて終戦。ノーサイドでは“笑わない男”が涙を流す姿が見られ、ネットでは「稲垣選手の熱い涙にもらい泣きした」「男やなあ…感動した!」「死力を尽くしたからこその涙。本当にすごかった」と稲垣を称える声があふれた。