マウスのパーキンソン病改善に成功 大阪大や東京医科歯科大のチーム

ざっくり言うと

  • 大阪大や東京医科歯科大のチームが21日付で、パーキンソン病について発表
  • 病気の原因物質ができるのを抑制する物質を開発したという
  • マウスを使った実験で、症状を改善することに成功したとのこと

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング