問題の動画。「IN THE NOW」より

写真拡大

地下鉄の車内、男性客が傍若無人に大股を広げて座る。そこにツカツカとやってきた金髪美女、ペットボトルを取り出すと、いきなり男の股間に液体をぶっかけた――。

「ロシアのフェミニズム活動家による、男性への抗議活動」。そんな触れ込みで拡散したこの動画は、世界中で反響を巻き起こした。共感の声もあった一方で、あまりにも過激な女性の振る舞いには、眉をひそめる向きが強かった。

ところがこの動画、実は「やらせ」だったのでは、との疑惑が浮上している。しかも、その黒幕はプーチン政権かもしれない、というのだ。

被害者が「金もらって演じた」と発言

「プーチンのジェンダー戦争?」(英ザ・サン)
「クレムリンのプロパガンダ」(英デイリー・メール)

こうした見出しが、海外メディアを相次ぎ飾っている。

疑惑の起点となったのは、ロシアのネットメディア「Bumaga」だ。動画中で液体をかけられた男性の一人を発見、彼が「金をもらって演じた」と暴露したことをすっぱ抜いたのである。

EUがロシアによる「デマ」への対抗のため立ち上げたキャンペーンサイト「EU VS Disinfo」は2018年10月8日(現地時間)、これらの証拠を元に問題の動画が「やらせ」だと指摘した。さらに、拡散に関わったメディアが、実質的な国営媒体「RT(ロシア・トゥデイ)」の系列にあるとし、問題の動画が、プーチン政権の政治工作だ、と主張している。

しかし、いったい何のために?

「犯人」は水着インスタ金髪美女

サンクトペテルブルクの地下鉄を舞台に、足を広げてふんぞり返る男性客の股間に、若い女性が次々と漂白剤入りの水をかけていく。男たちは怒りを見せるが、女はそれをかわし、素早く逃げ去る......。

このYouTube動画が、世界的に注目を集めたのは9月後半のことだった。

電車内などで、男性が大股開きで座ることを、英語で「マンスプレッディング」と呼ぶ。単なる迷惑行為としてのみならず、近年はジェンダー的な観点からも批判が過熱中だ。今回の「水かけ」も、こうしたマンスプレッディングをやめない男たちを「懲らしめる」ためのものだとされていた。

その過激な行動、しかも「犯人」の社会活動家、アンナ・ドブガリュクさんが21歳、インスタグラムにも水着写真を多数アップする華やかなブロンドの美女とあって、話題は一気に広がるとともに、激しい議論を巻き起こした。

総じて目立つのは、女性側への批判だ。たとえば日本では、10月3日の「モーニングショー」(テレビ朝日系)が、「大股開き男性に抗議の水 女子大生投稿も大炎上」のサブタイトルで動画を紹介、

「座り方のマナーとしては悪いけど、やられたら怒るでしょ」(羽鳥慎一アナ)
「確かに迷惑だな、と思ったことはありますけど、あそこまでするのはどうなんでしょうね?」(宇賀なつみアナ)

と、批判的な論調で取り上げた。

反フェミニズムで世論分断狙う?

さらにツイッターでは、

「なんでフェミニズムって不特定多数に向けて攻撃的になるん?」
「だんだんとフェミニストが暴徒化してるなぁ 完全なテロだよね」
「頭おかしすぎでしょ? なんで罪に問われないの?」

など、いわゆるフェミニズム運動とからめて、女性を叩く声も少なくない。

海外メディアでは、これこそが動画の狙いではないか、というのがもっぱらの見方だ。あえて「過激なフェミニスト」の姿を拡散することで世論の反発をあおり、「#MeToo」運動などに盛り上がる欧米世論の「分断」「混乱」を招こう、というのである。

プーチン政権がフェイクニュースなどの流布を通じて、米大統領選に介入したとされる「ロシアゲート」疑惑は記憶に新しい。これに限らず、ロシアがネットを巧みに活用し、シリア問題などで、自国に有利なプロパガンダを広めているとの見方は根強い。今回の動画も、同様の手口ではないか、というわけだ。

「水かけ犯」のアンナさんはインスタグラムなどで、プロパガンダ説を繰り返し否定している。