【食レポ】ドトールコーヒーの “午後2時以降” 限定商品「焼いてとろけるチーズケーキ」が気になりすぎたので食してみた☆

写真拡大

食欲の秋、あれもこれも食べたいけれど、好きなだけ食べていたら、後で後悔することは目に見えているし……ああ、食べたいものの取捨選択って難しい!

なんて考えていたら、ドトールコーヒーで午後2時以降にしか食べられない「焼いてとろけるチーズケーキ」なるものが販売されているとの噂をキャッチ。

ドトール公式サイトによれば「口どけの良いマドレーヌをナチュラルチーズが包みます。」と書かれています。しかもオーダーを受けてから焼いてくれるそう。

焼いてとろけるってどんなの? もう気になりすぎるぅ……これは行くしか無いでしょ!! ということで、記者(私)が早速食べてきました。うひひ。

【店頭に派手な宣伝は無い】

午後2時を過ぎた頃にドトールコーヒーに到着!! 

でも店の外には「焼いてとろけるチーズケーキ」の宣伝は見当たりません。本当にあるのかな。ちょっと心配になりながら入店。

【単品・持ち帰り不可です】

店内に入っても「焼いてとろけるチーズケーキ」を積極的に売り込んでいる様子はみられませんが、レジ横のメニューにはきちんと「焼いてとろけるチーズケーキ(選べるドリンク付)490円」との記載がありました。よかった!!

ちなみにこちらのチーズケーキは、メニューに記載されている通り、単品での発売はしておらずドリンクとセット販売のみなんですって。さらにお持ち帰りもだめ。持ち帰ってしまうと「焼いて、もうとろけていないチーズケーキ」と化してしまうからかな……?

【注文後にチーズを焼いてくれるのが嬉しい】

さっそく「焼いてとろけるチーズケーキ」とブレンドコーヒーのセットを注文し、待つこと約5分。お店の店員さんに取材したところ、とろけるチーズには「エグモントチーズ」が使われているんだそう。

注文後に焼いてもらい、チーズがトロトロしていい感じになったケーキを手渡してもらいました。(ドトールコーヒーは、注文したものを自分で席まで持ち運ぶスタイルです)

【チーズはいいが、マドレーヌは普通】

いざフォークで切ってみると、チーズはトロットロ、柔らかすぎず、固すぎず、扱いやすい程よい加減にとろけています。見るからに熱そうなチーズの下にマドレーヌが見えますが、一見したところいわゆる普通のマドレーヌ。

さて、一体どんなお味がするのでしょうか。

【チーズとマドレーヌが融合することで絶妙な味わいに】

見た目からは、なにか強いこだわりを感じることはなかったのですが、いざ食べてみたら……これが驚くことに、よく合うんです。

単体では若干パサつき感も否めない、いわゆる中レベルのマドレーヌが、エグモントチーズと合体することで、いきなり美味しいチーズケーキに大変身! 美味しいチーズの塩味のあとに、絶妙なタイミングでやってくるマドレーヌの甘味。

チーズの量は多過ぎず、少な過ぎず、マドレーヌの甘味も強過ぎず、弱過ぎず。かなりのナイスコンビネーションです。うん、美味しいよぉ!!

【Twitterでは賛否両論】

一方でTwitterには、賛成派と反対派の声が渦まいています。

「甘じょっぱくて美味しい」
「チーズのしょっぱさがいい感じ」
「なんかクセになる、また食べたい」
「とろけるチーズがお好きだったらぜひ」

「とろけるチーズが乗ってるだけでうけた」
「チーズ風味の蒸しパンみたい」
「噂通り、チーズケーキではない」
「思ってたのと違った〜」

確かに一般的なチーズケーキではないけれど、何とも言えずクセになるんです。この甘じょっぱさ。

いつもとちょっと違うデザートが食べたくなったら、そしてそれが運良く午後2時以降であったなら、みなさんもこの「焼いてとろけるチーズケーキ」を試してみてはいかがでしょうか。

参照元=ドトールコーヒー公式サイト、Twitter
画像・執筆=南野バンビ(c)Pouch

画像をもっと見る