配偶者や恋人から受ける暴力(DV)の被害が増えている。対策を急がなければならない。各地の自治体が設置する配偶者暴力相談支援センターに寄せられた相談件数は昨年度、11万4481件に上った。統計を取り始めた2002年度以降では最多となった。警察が昨年、暴行や傷害、殺人未遂などでDVの加害者を摘発した件数も9000件を超える。深刻な状況だ。ただ、加害者に精神的に支配されていたり、経済的な理由で別