鎌倉市役所

 鎌倉市は、国の特別定額給付金の対象から漏れた新生児らに対し、市独自に1人当たり一律10万円を交付する。8月1日から10月31日まで申請を受け付け、保護者の経済的負担軽減を図る。

 対象は国の特別定額給付金の基準日(4月27日)翌日から7月31日までに生まれた新生児と、同日までに母子健康手帳の交付を受けた市民の胎児。市は約千人を見込み、事業費として1億400万円を計上した補正予算案が16日の市議会本会議で可決された。財源の約9割を国の地方創生臨時交付金で賄う。