政府チャーター機で帰国した中国・武漢市在留の日本人を乗せたバス(時事通信フォト)

写真拡大

 中国・武漢発の新型肺炎の脅威を最も身近に感じたのは、感染者と接触する可能性が高い「ツアーバス運転手」だろう。1月28日に確認された国内6例目の感染者は、奈良県在住のバス会社勤務の60代男性だった。

【写真】マスクをして日本を敢行する中国人団体客

 男性が運転手を務めたバスには、武漢市からの観光客が乗っていた。中国への渡航歴がない日本人の感染は国内で初めてで、同じバスに同乗した大阪市在住のツアーガイドの女性にも感染が確認された。

 国内4例目の感染者は武漢市から来日し、ツアーバスで愛知県を観光中だった40代の中国人男性だった。厚生労働省健康局結核感染症課の担当者は、そのバス運転手への健康調査も行なったと説明する。

「感染した中国人男性はツアーの間ずっとマスクをしていたそうですが、一定期間近くにいた人たちには飛沫感染の可能性があるため、ツアーバスに同乗した乗客・乗務員にも健康調査を実施しました。結果は全員、陰性でした」

 バスという狭い密室で、運転手・添乗員は何時間も一緒にいることになる。感染が確認されたバス会社以外にも動揺は広がっているようだ。

 中国からのインバウンド客を乗せる機会が多いという観光バスの男性運転手が語る。

「中国人のお客さんを乗せるのは正直、怖いですよ。関西から乗せて4泊5日で東京で降ろすまで、ずっと一緒やからね。中国のお客さんと言っても様々で、通訳さんに聞くと、『日本は安全だから』とマスクもせずに乗車している人もいれば、『消毒液はありますか』『私たちが観光している間に換気しておいてくださいね』と言う心配性の人もいる。

 正直、心配なのは僕ら従業員ですわ。会社は中国人客のキャンセルの対応に追われ、てんやわんやみたいやけど、僕ら運転手にはアルコール消毒液をわたして“普段より注意してくれ”と言うだけですから。感染者が出た会社のことを“気の毒に”と思っているぐらいの感覚とちゃいますか」

 浅草駅近くに停車し、中国人客の観光中に駐車場で待機していたバス運転手はこう話した。

「新型肺炎のニュースをリビングで見ていたら、嫁さんに『うちに帰ってこないでね』と言われました。小さい子供がいるし、嫁さんもサービス業をやってるんでね。『肺炎のニュースが落ちつくまで、しばらく会社の寮に泊まってきて』って言うのは、半ば本気だと思います」

 インバウンド専門の会社のツアーを請け負うことが多いという運転手は「家族のために稼がないといけないから、仕事を断わるわけにはいかない」とこぼした。

「ウイルスをうつされるのは御免ですが、仕事ですから『中国人が乗るバスなら運転したくない』なんて言えません。同僚とは『もし感染して死んだら労災が出る』なんて話していますが、とても笑い話になんてなりませんよ」

※週刊ポスト2020年2月14日号