香港で警察が発射した催涙ガスが立ち込める中、抗議するデモ隊=2日(EPA時事)

写真拡大 (全2枚)

 【香港時事】反政府抗議活動が続く香港で8日、警官隊とデモ隊の衝突現場付近で負傷した男子大学生(22)が死亡した。

 公共放送RTHKが伝えた。大学生はデモに参加していたとみられ、警察側の発射した催涙ガスから逃れようとして高所から転落した可能性などが指摘されているが、詳細は不明。6月から続く抗議活動に関連して死者が出たのは初とみられる。

 香港メディアによると、大学生は4日未明、ベッドタウンである新界地区の駐車場内で倒れているのを発見された。駐車場の上階から約4メートル下の下層階に転落したとみられ、頭を強く打っており、救急搬送されたが意識不明の重体だった。当時、駐車場の外では警官隊とデモ隊が激しい衝突を繰り広げていた。大学生は、ガスマスクなどは着けていなかったという。