Facebookが、アカウント復旧に顔認証を導入していることが明らかになりました。SMSメッセージによる二段階認証の代替案として試験的に取り入れられたようです。

より簡単で確かなアカウント復旧

これまでFacebookでは、アカウントにログインできなくなった際、二段階認証を設定している場合は、携帯電話で受け取るテキストメッセージ(SMS)コードや、サードパーティアプリからのセキュリティーコードでアカウントの復旧を行なうのが通例でした。
 
Facebookに試験的に導入された顔認証では、使用中のデバイスでそのアカウントにすでにログインしたことがあるという条件のもと、二段階認証のプロセスを簡略化することができます。
 
TNWのメディア研究者のマット・ナバラ氏(@MattNavarra)は、スクリーンショットで撮ったFacebookの顔認証の画像を公開しています。
 

過去に導入された実験的な認証方法

Facebookは以前、「信頼できる連絡先」という、アカウントへのアクセス回復方法を導入しました。アカウントにアクセスできなくなったときに助けてもらう友達を3〜5人あらかじめ選択することで、パスワードを忘れたときにリカバリーコードを送ってもらうことができます。

顔認証データの取り扱いは大丈夫?

昨今の、ロシア関連の偽アカウントから米国向けへの政治意見広告の支払いを2年間受け続けたというスキャンダルもあり、Facebookの生体認証データの取り扱いに関して疑問点は残りますが、顔認証のみでアカウント復旧ができると便利には違いありません。
 
 
Source:NDTV Profit via TechCrunch
Photo:Max Pixel
(lexi)