MAKIYOこと川島茉樹代=2007年

写真拡大

(台北 21日 中央社)泥酔状態でタクシーに乗車し、その後運転手に暴行を振るったとして2012年に傷害罪で有罪判決となり、執行猶予中の日本人タレントMakiyo(川島茉樹代)が、禁酒宣言をしたにも関わらず、19日に出席した知人の結婚披露宴で再び泥酔した姿が目撃され、波紋を呼んでいる。台湾の複数メディアが伝えた。

MAKIYOは披露宴終盤に行われた来賓挨拶の中でフラフラになりながら「今日のお酒は全部わたしたちが飲みました」と暴露。会場を後にする際は、1人で歩けず友人に抱えられながらタクシーに乗り込んだとされている。

2年前の事件後にはメディアに対し「二度とお酒は飲まない」と誓っていたMAKIYO。これまでにも何度か飲酒疑惑が取り沙汰され、その都度否定していたが、今回は酒を口にしたことを認めた。

インターネット上では“有言不実行”のMAKIYOの行為にあきれる声が多数寄せられている。

(編集:齊藤啓介)