茨城県の研究施設で作業員が内部被ばく 核燃料の容器は26年間点検せず

ざっくり言うと

  • 茨城県の研究施設で核燃料が飛び散り作業員が内部被ばくした事故
  • 核燃料の保管容器が過去26年間、一度も点検されていなかったことが分かった
  • 作業員の1人からは、国内で過去最悪レベルのプルトニウムが検出されている

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング

x