最長で月378時間の残業が発覚した内閣官房コロナ室 テレワークを導入へ

ざっくり言うと

  • 西村康稔大臣は8日、新型コロナ対策推進室の負担軽減を図る考えを発表
  • 人員を増やし、今週にもテレワークを導入するという
  • 同室の職員の中には、残業が約378時間に達する人もいた

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング

x