慰安婦映画「主戦場」の監督が報道に指摘「断片的な情報しか」

ざっくり言うと

  • 慰安婦問題を描いた映画「主戦場」の監督をゲンダイが取材している
  • 日本のメディアがこの問題を扱う際に、断片的な情報しか伝えていないと指摘
  • 日韓は慰安婦についてより深く理解し、健全な議論をすべきと持論を展開した

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング