離婚経験者に聞いた「こんな理由あり?」っていう離婚の経緯4パターン

写真拡大

3組に1組が離婚すると言われている現代ですから、親近者の離婚経験者を数えたら、1組や2組では済まないのではないでしょうか。

筆者のまわりにも、昔付き合いのあった人などを含めた人々を思い返すと、実際に3組に1組ほど離婚しているような気がします。

離婚は夫婦の間でしかわからない問題が多いかと思いますが、理解しがたい事情もありますよね。

そこで今回は、筆者の身の回りにいる離婚経験のある男女に、“離婚に至った経緯”についてのリアルな話を聞いていました。世の中には、どんな離婚の原因があるのでしょうか?

 

■1:片思いだった相手と再会(男性、婚姻期間半年)

「結婚適齢期と思い20代後半に結婚したのですが、その直後に昔好きだった人に再開して……当時猛アプローチをかけていたのですが彼氏がいるからとまったく相手にされず、自分が結婚したあとにその人と会う機会があって、もう自分が止められませんでした」(30代男性)

久しぶりに会ったその女性は、まだ結婚をしていないどころか彼氏とも別れてフリー。実はこの“会う機会”というのも、女性側から声をかけてきたのだとか。

「元妻とはすぐに離婚の話をしました。妻側からの親族はじめ、自分の親も激怒。当たり前ですよね。自分が100%悪いのを承知で離婚しました」

多くの女性から非難が飛んできそうな内容です。会う機会を作った女性も、自分に好意を寄せていた男性に声をかけてきたところが作為的。これがもし元妻の立場だったら……。

ちなみにこの男性は、その女性と結婚し、今は一児のパパとして幸せに過ごしています。

 

■2:夫のストーカー化(女性、婚姻期間1年)

「16歳で付き合いはじめ、32歳で結婚しました」(30代女性)

人生の半分一緒にいて、およそ1年で離婚。その裏にはなにがあったのでしょう。

「長く一緒にい過ぎたからか、新婚なのにセックスレス。でもその一方で、夫の束縛が過剰になってきて、気付けばストーカー化していたように思います」

妻の行動を監視したり、被害妄想から浮気を勘ぐったりと、スキンシップを求めないのに“自分の女”だという意識だけが強くなり、一緒にいられなくなったのだとか。

この夫婦の場合、円満離婚とはいかず、妻は夫から逃れるべく身を隠すようになってしまったようです。

『WooRis』の過去記事「セックスレスが原因の離婚で気になる“慰謝料はどうなるのか?”」でもお伝えしたように、セックスレスは正当な離婚原因となります。今回の場合は、それだけが原因ではなかったようですが……。

 

■3:子どもを授かることができず(女性、婚姻期間7年)

「結婚が30代後半だったので、早く子どもをもちたいと思っていたのですが、なかなか恵まれずそのうちに夫が非協力的になってしまって。気付けば子作り以前に、スキンシップすらなくなっていました」(40代女性)

子どもが諦めきれない妻は、その思いを受け入れてもらえなかった夫との離婚を決意。

実際子どもを持つかor持たないかの選択肢が夫婦で意見がわかれてしまうと、夫婦として歩んでいく道が見えなくなってしまう可能性があります。現在ではDINKsを選ぶ夫婦も少なくなく、子どもをもたないという同意の上、さらにはお互いの両親にも事前に理解を得て結婚するという話も。

『WooRis』の過去記事「当てはまったらレッドゾーン?“離婚”を引き起こす主な原因7つ」でも、子どもができないことが離婚に繋がる一つの要因に挙げられています。

「いい出会いがあれば、また結婚したいです。どうしても子どもを産みたい」

なお、この女性は20代ですでに一度離婚を経験しており、2度目の離婚でした。

 

■4:東日本大震災の精神的ショック(女性、婚姻期間13年)

「国際結婚して、子どもができてからは日本で暮らしていました。特に大きな問題もなく過ごしていましたが、東日本大震災でパニックになった夫は早々と母国へ帰り、その後は何を話してもかみ合わず……子どもも大きくなっていましたので、離婚を決意しました」(30代女性)

東日本大震災が起こったとき、多くの人が精神的にもショックを受け、正常な判断ができない人もいたように思います。

震災を機に結婚をする人が続出と一時話題になりましたが、その一方で離婚してしまった夫婦もいたようです。

ちなみに別の国際結婚をした夫婦を例に挙げると、震災後に日本から妻の母国へで引っ越した家族もいます。地震大国日本は、諸外国で生まれ育った人にとって不安な立地なのかもしれません。

 

以上、4つの離婚事情をご紹介しましたが、いかがでしたでしょうか? 安定感のある二人にも、意外なきっかけが離婚をもたらすこともあるのです。

離婚がハードルの低いものになったとはいえ、“運命のいたずら”で済ませられるほど楽なものではありませんよね。

(ライター 沖田かへ)

 

【関連記事】

※ 夫婦喧嘩で夫から無視され続けても、離婚せずに仲直りする解決法

※ これ出たら…要注意!「夫が離婚を考え始めたときのサイン」3つ

※ 3位性格の不一致よりヤバイ!経験者が語る「ガチの離婚理由」トップ5

 

【Specialコンテンツ(PR)】

※ ウソ、痛くない!? 日本初「通い放題」の脱毛サロンが話題

※ 紫外線対策が簡単すぎる!飲む美白ケアが凄い

※ 乳首の黒ずみがみるみるキレイ!? あの美容外科が監修したクリームで愛され美乳に

 

【姉妹サイト】

※ 「生まれ変わっても一緒だよ」は…ウソ!? 夫がひた隠す妻への本音とは

※ 妻の不満1位はゴロゴロ夫!「義実家での夫&妻のムカつく行動」TOP3

 

【画像】

※ sasaki106 / PIXTA(ピクスタ)