様々な副業がある

写真拡大

 夫婦と子供2人の家族が京都市内で普通に暮らすためには、30代なら月48万6900円必要──労働組合の京都総評が昨年末に発表した調査結果が、今もなお波紋を広げている。だが、世の中には様々な副業がある。ここでは、稼げる副業をご紹介しよう。

◆翻訳

 翻訳は1回1万から10万円稼ぐことができる。『働きながら小さく始めて大きく稼ぐ【0円】起業』(クロスメディア・パブリッシング)の著者でインターネットビジネスに詳しい有薗隼人さんはこう勧める。

「『プロモーション動画』などを日本語から外国語に翻訳したり、なかには素人が撮った映画も。クラウドワークス系の求人サイトで見つけられます」

◆代行業

 時給1000円〜2000円程度稼ぐことができる。

「料理代行では、調理師や栄養士の有資格者が代行業者を仲介し、依頼主の家に派遣されます。ベビーシッター、チケット購入、冠婚葬祭の出席など代行業は多岐にわたります」(有薗さん)

◆テスト採点

 時給1000円から2000円程度稼ぐことができる。生活経済ジャーナリストの柏木理佳さんはこう勧める。

「テスト採点を自宅で請け負うバイトです。教師不足で手が足りないため、求人サイトを通じて募集していることが多い」

◆運動会や卒業式の写真撮影

 子供のイベント撮影は、1回1万5000円程度。物件撮影を“隙間ワーク”にしているカメラマンの小嶋あきらさんはこう説明する。

「保育園は午前中で運動会が終わることも多く、短時間で楽。繁忙期に撮影スタジオやアルバム会社などが求人を出していることが多い」

◆業界新聞の配達員

 1日2時間で月6万円程度を稼ぐことができる。

「『日韓建設工業新聞』など、いわゆる業界紙専門の新聞配達。土日祝は配達がなく、朝刊しかありません」(小嶋さん)

◆ドローンでの農業散布

 専用ドローンと資格は必要だが、1案件4万円程度稼ぐことができる。

「専用ドローンを用いて、依頼主の田畑で農業を散布するサービスです。1案件(2ha程度)につき所要時間は約20分です」(DRONE CONNECT担当者)
 
◆記事作成やテープ起こし

 1時間で4000円程度稼ぐことが可能。

「インタビューなどの音声データを聞いてテキストに書き起こす作業。クラウドソーシングでの仕事は両立しやすいので、主婦や出産を目前に控えた方も多い」(有薗さん)

◆愚痴聞き

 5分間で300円程度稼ぐことができる。

「誰かの愚痴を電話で聞くだけ。電話相手によって長さはさまざまです。募集している企業の審査に合格すれば始められます」(有薗さん)

※女性セブン2020年2月6日号