賃金2か月連続減、好転春以降か

ざっくり言うと

  • 厚生労働省は1日、3月の毎月勤労統計調査(速報)を発表
  • 労働者1人当たりの現金給与総額は27万5746円と、2か月連続で減少
  • 「アベノミクス」の影響は「春以降の一時金などに反映されるだろう」としている

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

ランキング