小倉智昭

写真拡大

7日放送の「とくダネ!」(フジテレビ系)が、「ミスタードーナツ」をめぐりネットで話題になっている画像について、同店店長に直撃取材した。

番組では、滋賀県内の「ミスタードーナッツ西友水口(みなくち)店」の無料クーポンが引き起こした騒動を特集した。

4日ごろ、同店で配布された無料クーポン画像がTwitter上で物議を醸した。クーポンの裏面には、「ろくには働かない社員が世に増えていることは事実です」「私はブラック社員もいると思います。自己主張したければ、まず自分に甘えないでください」など、パワハラを思わせる文言が記載されていたというのだ。

番組スタッフは配布した同店・店長の男性を取材した。文言の出所は上司からの社内メールであり、男性自身が「記憶にとどめたい」と考え、印刷したという。だが後日、予想外の繁忙のために顧客対応でクーポンを急遽発行した際、誤って使ってしまった、というのだ。

男性は、一部でささやかれていた「ブラック企業の内部告発」という見方に、「僕がSOS出しているかというと、そんなことは一切ない」と否定した。今回の騒動は「僕のミス」であるとし、上司からのメールは「鼓舞されていると受け止めている」と語った。

「とくダネ!」は、メールを送信した側でダスキンとフランチャイズ契約を結び店舗運営に携わる企業の社長も取材。社長は「メールを配信した部長と店主、社員は深い信頼関係でつながっている」とし、「叱咤激励というところで少し言い過ぎたこともあるんですが、一度飲食業の初心というものを思い出してほしいという思いからあのようなメールになったのかなと思います」とコメントしていた。

「パワハラではないか?」との指摘には、「あまりにも行き過ぎた表現であったということで、真摯に受けとめ、反省させていただいて、今後はこのようなことがないように指導していきたい」と謝罪していた。

VTR明け、スタジオでは小倉智昭が問題となった文章について「パワハラって見る人もいるだろうし、『正論じゃない?』って言う人だっていると思う。そんな微妙なこと」といい、賛否がわかれる騒動だと指摘。さらに顔出しで取材に応じてくれた店長について「これで責任とかとらされることになったら本当に気の毒」だと懸念していた。

【関連記事】
マツコ・デラックス パワハラと指導が区別できない若者に嘆き
フィフィが会社員時代に受けたパワハラを明かす
「NEWS23」で青林堂のパワハラ問題を特集 罵声など生々しい実態が明らかに