国税庁の民間給与実態統計調査によると、2021年の給与所得者の平均年収は443万円でした。「年収が400万円もあったら、安心して暮らしていける」との声は多いものの、現実は違うと、『年収443万円』(講談社現代新書)著者でジャーナリストの小林美希氏はいいます。世帯年収1,000万円でも節約の日々……思わず目を背けたくなる「安すぎる国・ニッポン」の実態をみていきましょう。「年収443万円」は安定か、絶望か年収443万円--。こ