【君島圭介のスポーツと人間】日本ハムに在籍していた当時の大谷翔平に「どうして左打ちにしたの?」と聞いてみた。「僕が野球を始めた頃に活躍されていた方、イチローさんや松井(秀喜)さん、(高橋)由伸さんに憧れて左で打ち始めたんです」タイプは明らかなパワー系の長距離打者だ。160キロ超のボールを投げる強靱な右腕でバットを押し込む右打席の打球も見たかったが、大谷が放つ左中間への打球もまた右投げ左打ち特有