新型コロナウイルス感染拡大の影響で、さまざまな業界が苦しんでいる。中でも航空業界の状況は深刻なようだ。

そんな中、「国際線の機内食用のお水が5円で売られてる...」というツイートが、2021年1月18日に投稿され、話題となった。そこにはこんな写真が......。


格安さん(@petun01a)のツイートより

これは、国際線エコノミークラスで出る水の容器だ。海外旅行の経験がある人は、「あれネ」とすぐにお分かりのはず。

食事と一緒にカートにのせられてくるから、こんな形をしているらしい。国際線の機内でしかお目にかかれない「水」が、なぜ地上で大量に販売されていたのだろうか。

投稿者の「格安さん」(@petun01a)は、ふだんは主に格安スマホ関連のツイートをしている。この光景は、名古屋近辺にある「激安」で知られる某店で見つけたという。

このツイートには、3万5000件を超える「いいね」が付けられ、かなりの反響があったようだ(27日昼現在)。

ツイッターには、こんな声が寄せられている。

「見たことあるなぁって思ってたがやっぱり」
「機内食がたべたくなった......また普通に飛行のりたいな」
「実際売ってるの見たら二度見しそう(笑)経済停止の余波が顕在化してますね」
「うわ、これ欲しい!」
「お薬飲むのにちょうどよさそう」

普段店で見かけることのない商品に対し、驚く人が多いようだ。

写真の容器には、「MORITA」と表示されている。また「ECHIZEN」という文字も見える。「盛田」(愛知県名古屋市)という調味料・飲料メーカーで製造している「越前の自然水」(100ミリリットル)というナチュラルミネラルウォーターのようだ。

調べてみると、複数のオンラインショップでも、安値で販売されている。

一体、なぜ。Jタウンネット記者は、同社に取材した。

「国際線が止まり、消費量が落ちたため在庫過多に」


越前の自然水100ミリリットル(画像提供:盛田株式会社)

Jタウンネットの取材に答えたのは、「盛田」のマーケティング本部商品企画室の担当者だった。「越前の自然水」の格安販売に至った事情、背景について聞いた。

「これまでは国際線の機内食向けに製造・販売を行っていましたが、2020年4月の一度目の緊急事態宣言発令に伴い国際線が止まり、消費量が落ちたため在庫過多になりました。
いよいよ賞味期間が近づいたため、このままではもったいない、喜んでいただけるお客様がいらっしゃればお届けしたい、という想いと願いを込めて、処分販売を行うことにしました」

処分販売を始めたのは、20年12月から。販売ルートは、「主には弊社取引先様とグループ会社での販売です。小売店店頭、ネット通販、オフィス内設置販売、持ち帰り寿司店など」ということだった。

SNSで大きな反響があったことについては、

「行き場を失いつつある状況に、このまま処分してしまうのはもったいないと、心苦しい気持ちがありましたので、喜んでいただけるお客様のお手元に届けられたら、大変嬉しく思います」

とコメントした。


格安さん(@petun01a)のツイートより

グループ会社のネット販売先としては、「ドリンク屋楽天ショップ」があるという。

Jタウンネット記者が覗いてみると、「SOS お助け下さい」というアイキャッチが飛び込んできた。「コロナお助け企画」というコピーや「行き場のない商品はこちらです」というメッセージも見える。

「あー美味しそう!!!」「ふと飲みたいときにいいね」「実際見たらつい買っちゃうw」などと言う方、国際線機内食気分を味わいたい読者はどうぞ。ただし賞味期限が迫っている(ドリンク屋楽天ショップには「賞味期限:21年2月11日」との記載あり)ので、お早めに。